読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログは夢を叶える。

ブログにて禁煙を宣言し、意識改革による独自の方法で禁煙を成功させる。ブログは夢を叶える最強のツールだと考えている。現在は筋トレによるダイエットを開始。

禁煙をはじめて11日間経って感じた5つのこと

禁煙

f:id:maasa0713:20160918064933j:image

こんにちは。なかやまです。

前回のブログでこだわりパワーの話をしました。

よって、今やっているこのブログの見た目や、文章構成力を少し勉強し、こだわってみました!

 禁煙11日目達成

取り敢えずおめでとう、という感じですが1回やっちゃってるので以後注意してまいります。

それでは10日禁煙して感じた5つのことです。

食事に興味を持った

食事の量が特別増えたとは思いません。口元が寂しいな、と感じる事はありますが、黒飴食べてます。禁煙前より増えたとしたら、1日に黒飴7個くらいでしょうか。大した事ないかと思います。それ以上に、以前にもブログに書きましたが、禁煙のおかげで味覚が敏感になり、食事の味に興味を持つようになりました。高くて美味しいものを、というよりは「これどんな味なんだろう」「こっちの方が美味しいかな」みたいな感じです。今まではどちらかというと「おいしい」と思ったものをずっと食べる、のような食生活で、美味しいのは食べれたら嬉しいけど、基本的に腹が満たされれば良い、という感じでしたので、食事に興味を持ったおかげで、普通の生活にも関わらず、幸せを感じる率が高くなりました。

頭痛が無くなった

喫煙中は、ずっと頭痛を感じる人でしたが、禁煙の2日目から朝から頭がスッキリし、以後、頭痛を感じません。加えて寝起きも良いです。

職場での会話が増えた

これは相当以外でした。確かに喫煙所でしか会わない人との会話は、ほぼゼロになってしまいましたが、逆に自席周辺の方との会話が増え、喫煙前よりも仲良くなったような気もします。喫煙所では話すものの、半分以上会話なし、たばこのみ吸っているみたいな時間もあるので、たばこが無くなったために総会話量が増えました。関係性が深まる事によって仕事を助けたり、助けられたりと、チームとしても強くなった気がします。今、私は事務職なので、この影響値は高かったです。

嫌煙家になった

もうブログでもご理解頂いているかと思います。まず、香りが臭いという認識が相当なレベルになりました。元気にタバコを吸っているならまだいいですが、凄く気だるい感じで吸っている感じ、とくにおっちゃん、もーやめて頂きたい!これからの若者に対して、その姿は良い未来を予想させないよ!と怒りに震えております。

前向きになった

今までは、『この先どうなるんだろ(たばこスパー)』『はあ、やってらんねえ(たばこスパー)』等の思考が多く、そしてたばこ吸っている間中感じるので、マイナス思考の時間が多かったような気がします。今でも、嫌な事があったりすればもちろんマイナス思考にはなりますが、たばこを吸わなくなったので立ち直り、復帰が早いですね。喫煙所にストレスを発散するのではなく、たばこ吸わないので、行く場所などないので、困難にも真っ直ぐ立ち向えるようになったかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか?たばこを吸わなくなって若干10日目、でもここまでメリットを感じています。前のブログでも書きましたが、離脱症状が私はキツかったですが、これはタバコが吸いたくて仕方ないからキツいのではなく、熱、めまい、動悸、吐き気、と体調不良です。ニコチンの依存性は自己の認識以上に、脳や身体自身が感じているのだと良く理解できた期間でした。

たばこ?

今日も必要ありません。喫煙者の方、止めてほしいと言われて止めないのは私自身が重々承知しています。でも、10日間だけで、すごく前向きに明るく過ごせています。今一度なぜたばこを吸っているのかを、本当に必要性があるのか、思い返す期間を設けてみてはいかがでしょうか?

広告を非表示にする